ブランドの位置づけ

リニューアルオープンに際して、

ル・ミュゼ

イデア

コンセプト“セー”

この3つのブランドについて、

整理する必要がある。

また、現時点でも取材などで聞かれることが増えたので、

ここに明記する。

・・・

よい例えがウェキペディアにあった。

トヨタのレクサスである。

レクサス(英語: LEXUS)は、

トヨタ自動車が展開している高級車ブランド(プレミアムブランド)である。

北米で1989年から展開が開始された。日本では2005年から展開が開始された。

・・・・・

idea[イデア]とは、

株式会社ミュゼが展開している、

レストランの最上級ブランド(プレミアムブランド)である。

2011年にル・ミュゼの2階特別室としてオープンし、

2020年、ル・ミュゼのリニューアルに伴いディナー営業のブランドは、

全て[イデア]に統一された。

尚、ル・ミュゼのランチブランドは、[コンセプト・セー]のブランドに移行。

ル・ミュゼは、2020年のリニューアル以降、

昼と夜でコンセプトの異なる

2つのブランドで展開している。

ル・ミュゼのブランドは、コラボレーションや単体の

スペシャルディナー、ポップアップ、或いは、クリスマスなど、

通常営業ではない時に使われる事が多い。

しかし、通称[ル・ミュゼ]と言えば、従来からあるレストランを示す事が多く、

空間の総称として、そのブランド名を使うことが多い。

・・・・・

ル・ミュゼ Wikipedia風

といった感じだろうか。

新天地

思えば、このブログを始めたのが

2010年の2月なので、

10年経ったことになります・・・

最初は、かなり適当な気持ちではじめ、

飽きたらやめようと思って始めたのですが、

今では、僕のライフワークであり、

とても大切な表現の一部になりました。

料理は、勿論のこと、

絵画や陶芸でも、表現しきれない部分を

【言葉】という表現ツールは補ってくれます。

僕の中で、文書というものも、

ひとつの作品だと思うのです。

・・・

さて、

来年2020年は、年明け早々からリニューアルに向けて、

色々と準備があります。

本格的に工事が始まるのが4月。

なので、通常営業は、3月いっぱいです。

5月初旬には、プレオープン。

半ばには、グランドオープンといった感じかな・・・。

2階部分は全て改装し、新しい【イデア】の空間が生まれます。

今46歳の自分にとって、これがおそらく最後の挑戦になるだろうし、

体力と精神のバランスを考えても、

ここにピークがくるように思う。

今までやりきれなかったことを

僕は、今回で全て出し切りたい。

・・・

イデアというブランドでランチ営業はしない。

ル・ミュゼというブランドでも昼は営業しない。

その変わり、別の新しいブランド【CONCEPT-C】を遂にオープンさせる。

“遂に”・・・というのは、どういう意味かというと、

このレストランのコンセプトを考えてたのは、

もう、8年ほど前。

何が新しいかというと、レストランの名前の中に、

【コンセプト】という言葉が使われている事。

レストランのコンセプトは何ですか?・・・

と・・訊かれたら、

コンセプトは・・【C】です。

と・・応えます。

それがまさに店名である【コンセプト“Cセー”】

全てのコンセプトは、【セー】から始まる。

チェンジ

チャレンジ

クロス

クリュ

カレッジ

コーポラティヴ

クリエイション

コミュニケイション

コーディネイト

カルチャー

カンパニー

キュイジーヌ(料理)

キュイジニエ(料理人)

シェフ

キャピタリズ

コンサルタント

コピー

カフェ

カレー

クリニック

コンシューマー

チーズ

コントラスト

コンプレックス

チャレンジ

ショコラ

コラボレーション

コネクション

コレクション

シャンパーニュ

シャンピニョン

セップ・・・・・・etc

まさに変幻自在。

次世代型ガストロノミーの在り方を

僕は、模索し、

常に新しい時代の中にそれを反映させていく。

イデアとの対比として、

時代のトレンドを創っていきたい。

まさに、それは、

料理人(Cuisinier)の

チャレンジ(Challenge)であり、

クリエイション(Creation)である。

僕の大切なもの

新しく生まれ変わる空間

Le Musée Art et gastronomique IDEA

【ル・ミュゼ “アート・エ・ガストロノミック” イデア】

今、自分が表現できる最大限を形にしたものです。

レストランにおいて、何が一番大切かと聞かれれば“料理”と応えるでしょう。

料理において、何が一番重要かと聞かれれば“素材”と応えるでしょう。

素材を生かす上で何が最も大切かと聞かれれば“技術”と応えるでしょう。

技術を習得する上で何が最も必要なことかと聞かれれば“精神”と応えるでしょう。

そして、最後にもう一度、レストランにおいて何が最も大切かと聞かれた場合、

“この空間に在る全てです”と応えるに違いないです。

料理、器、空間デザイン、カトラリー、グラス、椅子、テーブル、リネン、音、温度、空気、香り….

ありとあらゆる全てのものが最も大切で、その全ては我々が創り出すものであり、

我々の“精神”そのものだと思うのです。

この新しい空間は、僕のアトリエであり、僕のプライドであり、僕の誇りであります。

それが、全てのゲストへの約束と愛情なのです。

2020年 ル・ミュゼの新たなカタチ

2020年。

オープンから15年の時を経て新たなステージへ。

テーマは一貫して“食とアート”の共存。

北の大地に横たわる“自然”をありのままに表現し、

ファンタジックでリアルな世界を描く。

それは、時に素朴であり、時に洗練されたものである。

我々が目指す世界とは、全てにおいて上質で、

全てにおいて満ち足りた空間。

“ル・ミュゼ”とは、

唯一無二の料理と空間が創り出す世界を

表現した、ひとつの“箱”である。

それは、僕の想う“ガストロノミー”であり、

“アート”そのものであると思うのです。

全ての訪れるゲストの方に、その世界観を堪能して頂ければと思っております。

CONCEPT”C”(コンセプト”セー”)

新たに立ち上げたブランド 【 CONCEPT”C” 】(コンセプト“セー”)

コンセプトは、”C”セー である。

Cというアルファベットから刺激された、

様々なアイデアをカタチにしていくのが【コンセプト“セー”】なのです。

コンセプト“セー”という空間は、

料理人(Cuisinier)によって日々生み出される

カタチの無いアイデアを創造し(Creation)、具現化したものを

皿に乗せ、他者との交流(Communication)を図る場所。

また、我々は状況に応じて、そして時代に応じて、自在に変化(Change)することを

ひとつのテーマにしている。

コンセプト・セーは、レストランでありながらも、

時に新たな企業(Company)を生み出すビジネスモデルであり、

また、若い人材を育成するカレッジ(College)でもある。

我々は、若い才能に可能性を見出し投資(Capitalize)し、

そして、プロデュースすることもあるだろう。

そうした、コンサルタント(Consultant)を含めて、

様々な食の在り方をコーディネート(Coordinate)していく。

ジャンルは、問わない。

カフェ(Café)、カレーショップ(Curry)、チーズ(Cheese)、

ショコラ(Chocolat)・・・・・・・・・・

食に関連することで、【C】から始めれば、なんでもいい。

それは全て、我々の中の存在しているコンテンツ(Content)である。

文化(Culture)というものは、常に時代の流れの中で交差(Cross)し、

交じり合うことで発展してくものだ。

我々は、失敗を恐れず常に新しいものへと挑戦(Challenge)していきたい。

様々なコネクション(Connection)を駆使したコラボレーション(Collaboration)も

積極的に行っていき、ジャンルの垣根を超えた、新しい食のシーンを創っていきたい。

新しい店舗は、いつだって、何処にだって作ることが可能だ。

例えば、それは何だっていい。

シャンパン(Champagne)とキノコ(Champignons)をテーマにしたお店でもいい。

その場合は、こんな感じだ。

【 CONCEPT”C” Champagne et Champignons 】

生ハムと生パスタのお店でもいい。

【 CONCEPT”C” Cru 】

我々は、時代と呼吸しながら、

楽しくて美味しいものを創り上げていく。

我々には、タブーがない。

あるとずれば光と影(Contraste)

あるとすれば劣等感(Complex)

だからこそ、新たな概念のレストランを創りたい。

それが、CONCEPT”C” 

我々が、次世代のガストロノミーを牽引する。

そして、新しい時代のシェフ(Chef)の在り方を問う。

追記

新しい時代のシェフの在り方として、

ひとつ追記がある。

それは、環境問題だろう。

今、盛んにサステナビリティという

言葉が持て囃されているが

僕は、まさにこのブログで、随分と前に

その話を議題に挙げていた。

コンセプトセーの中に在る、

ひとつの大きなテーマとして、

クリーン(clean)な環境を作ることがある。

我々が持ち合わせている

知識や技術は、何も一部の

富裕層に豪華な食を提供する為に

あるわけでは無い。

我々が持つ能力により、

廃棄になる様な食材を

素晴らしい料理に変える事が出来る。

ガストロノミーのもう一つの側面は、

そこにある様に思う。

しかし、最高の高みを目指し、

この上ない料理を作りたいという

思いで創り上げたレストランブランドの中で

最高ではない素材のパーツを用いた

クリエイションは、本意では無い。

故に、ワインのセカンドラベルに位置付けられる

コンセプトセーというレーベルが存在する。

それは、新しいファストフード。

B級グルメならぬ、

C級グルメ…

いや、ウルトラCのガストロノミーである。

高品質、低価格を貫く、

コストパフォーマンス(cost performance)に優れた、

食を循環させる場所である。

コストを徹底的に管理し、

効率的で、クレバー(clever)なシステムは、

食に関わる様々な問題をクリア(clear)にするだろう。